※BC(バックカントリー)で遊ぶには十分な装備、知識、経験が必要です。安全に注意し、レベルに合ったフィールドで楽しみましょう。
八甲田・銅像ルートテレマーク
2004年4月29日

3日目5/2は、晩に山形での宴会がまっているため、短時間で豪快な斜面を滑れる銅像ルートを選択。いい斜面でした。

メンバー:アヤ姉、金山、橋本                         

CIMG1940.JPG
 
今朝も天気が良い。さすがにGWまっただなか。酸ヶ湯温泉の駐車場も混んでます。
CIMG1941.JPG
 
お正月、後生掛温泉でご一緒したシーカヤックツアーガイドの東さん(右)と、連れの安彦さん(左)。
東さんたちとは八甲田で入れ違い。

次回は一緒に滑りましょう。
CIMG1942.JPG
 
CIMG1943.JPG
 
(上)今日はロープウェー駅を降りたらすぐに滑走。
  いつもの  お約束、滑る前のワックス。
  奥の山が前嶽。
  本日はその奥の銅像茶屋まで下るコース。

(右上)前嶽へ本日唯一ののぼり。
  昨日までにくらべたら楽勝。

(右・右下)前嶽山頂からの滑りだし。

(下)天気がよく青森湾までみえました。
CIMG1945.JPG
 
CIMG1950.JPG
 
CIMG1946.JPG
 
東向きの良い斜面を滑って、滑って、滑って、 CIMG1951.JPG
 
CIMG1948.JPG
 
DSC00453.JPG
 
滑って、滑って、滑って、 CIMG1952.JPG
 
DSC00456.JPG
 
DSC00459.JPG
 
ブナ林の中も、滑って、滑って、滑る。

と、外周道路の銅像茶屋の駐車場に。

本日は早かった。午前中にツアー終了。
外周道路を回るバスでロープウェー山麓駅へ。
DSC00458.JPG
 
CIMG1954.JPG
 
CIMG1955.JPG
 
八甲田を西に少し下ったところにある、いい感じにひなびた温湯(おんゆ)温泉。
180円と安い共同浴場で疲れをとってから、月山のふもと西川町睦合にあるW-Playの拠点をめざす。

地道でいけるかと思ったら、とてつもなく遠くて断念。高速に乗り換えたが、ずいぶん遅くなってしまい宴会写真なし。
CIMG1956.JPG