※BC(バックカントリー)で遊ぶには十分な装備、知識、経験が必要です。安全に注意し、レベルに合ったフィールドで楽しみましょう。
葛川クリーク・北山川スポット
2004年6月12日

前日に北山川に移動し、石田元子選手と合流、葛川クリーク・北山川スポットの計4本の濃いカヤックを堪能しました。

葛川(くずかわ)クリーク
コース: 二ノ滝9:00-11:30瀞峡
メンバー: もっちゃん、グッチー、上野、橋本(写真・レポート)

ワールドにもいったことのある石田元子選手(もっちゃん)が北山にくるとのことなので、合流し北山川瀞峡に注ぎ込む支流の葛川を案内しました。朝8時に出発、水量もそれなりにあり、早いペースで4kmを2時間半程度で下りました。木漏れ日の溢れる中、深いゴルジュの多くのドロップを気持ちよく下りました。
※この川に行かれる方は、十分な装備とクリークにスキルがないと大変なことになる恐れが有ります。

日向ぼっこをしてまったりしたあと、午後は、北山川のムササビホールにスポットで参入。楽しく皆でホールプレイを堪能しました。

CIMG2784.JPG
 
早朝八時出発。
昨日遅くまで飲んでいたので眠い中の出発(私だけか・・・)。

もっちゃんのライオットは既に晩のうちに積載ずみ。
CIMG2787.JPG
 
(左)二ノ滝に入る道路でフネを下ろす。

(左下)ハックx2、ディーゼル、ライオットのクリーク艇

(下)道路から二ノ滝までは森の中の急な下り。
   ロープを使ってフネを下ろす。

CIMG2789.JPG

 

CIMG2792.JPG
 
CIMG2794.JPG
 
二ノ滝

この滝で水量を確認。
滝が岩全体にかかっていればそれなりの水量がある。
今日は○

左側1本の滝だと水量は相当少なく下るのには適さず。
CIMG2798.JPG 最初の細いシュートは、最後にログが入っているのでポーテージ。
深い渓谷の中を下っていく。 CIMG2801.JPG
動画で見る CIMG2802.AVI

 
通称五六の滝。

深い滝つぼのある五~六mの滝。
下見をしたあと下る。
CIMG2807_0003.JPG
 
ドロップが連続するクランク。
橋本、やられました。
CIMG2810.JPG (左)木漏れ日の溢れるゴルジュの中、
  綺麗な水の上を漕いで行く。

(左下)下見もしながらハイペースで下って、

(下)ブレイク。
動画で見る CIMG2807_0006.AVI

 
CIMG2809.JPG
 
CIMG2817.JPG
 
(左)通れる流れのないところはポーテージ。

(左下)気持ちよいドロップもブーフしながら、

(下)どんどんくだる。
CIMG2818.JPG
 
CIMG2819.JPG
 
CIMG2820.JPG
 
くだる。
CIMG2825.JPG
 
核心部。通称皆殺し。

(左下)L字のインサイドを行きたいのだが、
  本日は全員流れによって正面の岩に叩き付けられる。

(下)下流より
動画で見る CIMG2827.AVI

 
CIMG2828.JPG
 
CIMG2835.JPG
 
CIMG2832.JPG
 
CIMG2837.JPG
 
(左上)瀞峡ゴール。
  いいロケーションの中気持ちよくドロップを下れました。
  左より、上野、もっちゃん、橋本。
(上)一番右、グッチー。

(左)けど、、、皆バウが痛々しい。もっちゃんは手まで、、、。
CIMG2841.JPG 気持ちよい青空の下でまったりしたあと、
北山スポットにむけて積込み。
玉置さんとまりまりと合流して、
スポットへの秘密の入り口へ
動画で見る CIMG2842.JPG
CIMG2846.JPG (左)ムササビホール。
   たくさんきていました。

(左下・下)ので皆で楽しく入る入る回る回る。
動画で見る CIMG2874.JPG

 
CIMG2848.JPG
 
CIMG2878.JPG お帰りです。

かなり濃い楽しいカヤックが出来ました。
が、二日間で4本はさすがに遊びすぎで疲れました。

フィールドテストも兼ねているので、これが、finetrackの企画力に繋がります。