※BC(バックカントリー)で遊ぶには十分な装備、知識、経験が必要です。安全に注意し、レベルに合ったフィールドで楽しみましょう。
薗川クリーク・宮川上流カヤック
2004年6月12日

台風の影響で水が出ている三重宮川に行くことに。支流のクリーク薗川と宮川上流の2本を土曜日に。そして、北山に移動し、石田元子選手と合流し、葛川クリーク、北山川スポットの計4本の濃いカヤックを堪能しました。

薗川(そのかわ)クリーク
コース: 奥伊勢フォレストピア10:30-12:30宮川三瀬谷ダムバックウォーター・小切畑

クリークデビューのメンバー2名もいるため、クリークとしては比較的やさしい薗川を選択。水量はそれほど多くなく、ロッキーだったため、要所要所でレスキュー体制をとり適度な緊張感をもちながら、2kmを2時間程度で安全に下りました。清流の中、こぎみよい小さなドロップが続く気持ちよいクリークでした。
※この川に行かれる方は、十分な装備とクリークにスキルがないと大変なことになる恐れが有ります。

宮川上流カヤック
コース: 春日谷出合・落滝橋13:30-15:30小滝

フネをプレイボートに乗り換えて、瀬のたびに遊びながら、2kmを2時間程度のいいペースで下りました。水量はそれほど多くなかったですが、釣り師も皆親切に道をあけてくれ、気持ちよく下れました。核心部は皆、思い思いのコースを楽しく下りました。
※核心部は水量が少ないと岩の露出が多く、多いとストッパーが強くなるため、十分な装備とスキルが必要です。

メンバー: ゆうきくん、グッチー、かたやん、村田さん、門田ちゃん、逸見夫妻、上野、金山、橋本(写真・レポート)、アヤ姉(本流のみ)

CIMG2630.JPG
 
DSC00576.JPG
 
CIMG2632.JPG
 
(上)フォレストピアの駐車場
   皆、リラックスしながら準備中

(左)finetarckの3名。左から、橋本、金山、上野。

CIMG2633.JPG

車を回送後、川に下りる。
CIMG2638.JPG
 
(左)クリークデビューの二人の門田ちゃんと金山社長。
   やや緊張気味の中スタート。

(左下)すぐに堰堤。
   着水地点の岩に気をつけながら落ちる。
CIMG2639.JPG
 
CIMG2643.JPG
 
動画で見る CIMG2649.AVI

 
(上・左)こぎみよい小さなドロップをどんどん下っていく。

(左下)集合写真
(下)ゆうきくんは遊びに夢中
CIMG2653.JPG
 
CIMG2654.JPG
 
CIMG2657.JPG
 
良い天気中、清流を下ってく。

DSC00601.JPG

 

DSC00606.JPG

 

DSC00609.JPG
 
最初の比較的落差のあるドロップ。

レスキュー体制をとって安全に気持ちよく。
動画で見る CIMG2665.JPG

 
CIMG2669.JPG
 
CIMG2674.JPG ログもありました。
水量の多いときは要注意。
トリッキーなシュート。
ここでもレスキュー体制をとりながら。
動画で見る CIMG2684.JPG
CIMG2687.JPG
 
動画で見る CIMG2694.AVI

 
気持ちよく下ったあとは、ダムのバックウォーターに出て、
テイクアウト。
CIMG2698.JPG
CIMG2712.JPG
 
昼食後、場所を移動して、宮川上流に。
フネをプレイボートに乗り換えて、落滝橋からプットイン。
CIMG2713.JPG
 
CIMG2717.JPG
 
遊びながら、遊びながら、下る。 動画で見る CIMG2743.JPG

 
CIMG2749.JPG CIMG2750.JPG
動画で見る CIMG2752.AVI (左上)核心部の大きな瀬。

(上)下見をし、

(左)それぞれ思い思いのコースで下る
動画で見る CIMG2771.JPG 楽しく遊びながら、
動画で見る CIMG2776.AVI たまには、飛んで、無事終了。

気持ちよい川下りでした。