※BC(バックカントリー)で遊ぶには十分な装備、知識、経験が必要です。安全に注意し、レベルに合ったフィールドで楽しみましょう。
岩手八幡平(1)茶臼岳ツアー
2005年1月6日

イルミネーションのある仙台でfinetrack3名が合流し、一路パウダーで有名な岩手八幡平へ。もちろん、新商品開発テストと販売店回りも兼ねてです。

東北は何度も滑った事があるのですが、岩手八幡平は全員初めてなので、今回は取引先でもある八幡平パウダーガイド(8PG)の庄司さんにガイドを依頼しました。お蔭様でまだ積雪は少なかったにもかかわらず、新雪の良いルートを滑ることができました。初日は茶臼岳ツアー、二日目は恵比寿沢への裏ルートで新雪を堪能できました。

八幡平を滑るなら8PGのガイドがお勧めです。
CIMG6699.JPG
 
CIMG6727.JPG
八幡平スキー場南側の岩手山
そのうち東側大斜面を滑りたいものです
CIMG6728.JPG
八幡平スキー場(左側奥)
山自体を効率的に楽しめる最高の環境です
雪の中のfinetrack号

8PG前の駐車場にて
CIMG6730.JPG
CIMG6731.JPG 一番上のリフトと降りると、すぐに大黒森山頂。
ここからスタートです。

  「これより先必ず装備を携帯すること」

の看板。十分な装備とスキルをもって自己責任で冬山にはいる基本的な警告です。東北は冬山にはいる文化がすすんでいると感じました。
シールをつけて、しっとりした森の中を歩きます。

途中でゆっくりした休憩も入れて、
1時間程度で茶臼小屋へ到着。
CIMG6733.JPG
 
CIMG6734.JPG
 
CIMG6738.JPG
 
DSC01833.JPG
 
非常にきれいな山小屋です

ブリーズラップシリーズ着用のfinetrack3名と
8PGの庄司さんと。

ハードシェルの下が薄着で驚かれました。

フラッドラッシュスキン+吸汗アンダー+ブリーズラップ
とすっきりですが暖かく汗抜けもGood
DSC01834.JPG
 
CIMG6744.JPG
 
ガス・雪で視界がきかず

トランシーバーで状況を確認しながら

小屋直下の急なパウダー斜面を滑走!
CIMG6746.JPG
 
CIMG6742.JPG
 
CIMG6750.JPG
 
DSC01839.JPG
 
シールをつけてトラバースして、

南側の小ピークから長い斜面を再度滑り出し

気持ちいいです
CIMG6754.JPG
 
DSC01840.JPG
 
高度を下げると視界とやぶが戻ってきました。

年末年始の間ずっと降ってましたが、まだ雪不足のよう。

ここから沢まで滑りこみです。
DSC01842.JPG
 
CIMG6758.JPG
 
DSC01844.JPG
 
CIMG6765.JPG
 
CIMG6768.JPG
 
沢伝いに降りてスキー場に戻ります。

8PG受付前でfinetrackと8PGスタッフの記念写真

ガイドありがとうございました
CIMG6805.JPG
CIMG6771.JPG
 
ツアー後も時間があったにで、

八幡平スキー場の新雪を堪能!
CIMG6772.JPG CIMG6773.JPG
パウダーです!