※BC(バックカントリー)で遊ぶには十分な装備、知識、経験が必要です。安全に注意し、レベルに合ったフィールドで楽しみましょう。
妙高  赤倉山・前山ツアー
2005年2月11日

カナダの友人ブラッドを迎えツアーにいってきました。
今回は当初、三田原山から内輪山に滑り込み南地獄谷脇のきれいな大谷ヒュッテで一泊鍋ツアーの予定でした。しかし、妙高は行きの北陸道からの大雪で日帰りツアーと相成りましたが、代わりに赤倉山と前山からの良い斜面を堪能してきました。

2/12 杉ノ原ゴンドラ終点-林道-カナメ-赤倉山手前1850m地点-カナメ-池ノ平スキー場

2/13 前山第3高速リフト終点-前山-滝沢尾根-赤倉観光ホテル
CIMG7510.JPG
ブラッド
カナダでガイド・インストラクターもしている
CIMG7421.JPG 神戸から高速で6時間以上

後部座席をフルフラットにして、
運転と睡眠を交代しながら長い旅路を走破します
行きの北陸道は福井から既に大雪

妙高も大雪のため、
初日は山に入らずスキー場で滑りました
CIMG7462.JPG
 

CIMG7427.JPG


戸隠スキー場までくると良い天気
大雪は妙高だけのよう

CIMG7444.JPG
昼食はおいしいデラックスハニートースト!
翌日

妙高は今朝も大雪

コースを変更して杉ノ原ゴンドラ終点の林道より入山
CIMG7467.JPG
ビーコンチェックして入山
CIMG7479.JPG
 
林道を歩いていると、天気も回復傾向に

池ノ平スキー場上のカナメで各自思い思いのお昼

CIMG7482.JPG

 

CIMG7483.JPG

カツオ節 結構いけます

CIMG7484.JPG

ガスの向こうに前山が見えてきます

CIMG7497.JPG
 
CIMG7499.JPG
 
このあと大谷ヒュッテまでの林道は雪崩の危険がある急斜面のトラバースになるため断念

予定変更し、赤倉山の肩を目指して登る

1850m地点まで登った後、滑走開始
CIMG7522.JPG
 
DSC01956.JPG
 
DSC01963.JPG まばらな樹林帯の快適なパウダー斜面を下る

気持ちよい!
池ノ平スキー場に滑り込んで終了

小屋泊りが日帰りになり、持参している鍋をどこで作ろうかと思案していたところ、お店でお会いした親切なご夫婦にログハウスを使ってもいいとの申し出。感謝です。

ログハウスは、池ノ平スキー場の下の森の中。
暖かいログハウスで、皆、鍋とまったりしたひとときを過ごして宿に帰りました。
CIMG7544.JPG
 

CIMG7551.JPG

久米ご夫婦と

CIMG7550.JPG
非常においしい金山粕汁鍋!
CIMG7568.JPG
 
3日目は晴れ

午後から崩れるとのことなので、少し早め行動

前山第3高速リフトより急登を前山へ

日本海から八ヶ岳まで見えるほどの良い天気

多くのパーティーが前山へ入山してました
CIMG7599.JPG CIMG7601.JPG
 
CIMG7603.JPG CIMG7624.JPG
 
前山からのやせ尾根の滑り出し

予報どおり天気は下り坂
CIMG7630.JPG
 
CIMG7636.JPGCIMG7634.JPGCIMG7632.JPG
 
(上)妙高のパノラマ
左一番奥は黒姫山、赤倉山、三田原山、最右は妙高山

昨日滑った尾根が見えます
CIMG7652.JPG
DSC01994.JPG 少し重い新雪を滑る
滝沢尾根途中で休憩&ビーコン練習

深い場所の探索は難しかったよう
いざというときのために繰り返しの練習が大切です

できれば、いざという場面にならないよう行動することがもっと大切ですが

赤倉観光ホテル下に出て、
神戸まで6時間以上の帰路につく
CIMG7671.JPG
 
CIMG7689.JPG

CIMG7691.JPG