※BC(バックカントリー)で遊ぶには十分な装備、知識、経験が必要です。安全に注意し、レベルに合ったフィールドで楽しみましょう。
立山  御山谷&立山川スキーツアー
2005年5月4日

日本オートルートが駆け足の4泊5日で終了したため、予備日を利用し、効率的に滑走距離を稼げる御山谷と立山川に行ってきた。天気にも恵まれ、荷物も軽く、登りも少なく、快適な谷間の大斜面を堪能できた。流石にオートルートの疲れが少々残っていたが、2日で標高差3000mを滑走できたのは満足であった。
(レポート:橋本、写真:宮崎、橋本)

1日目 5/4 快晴
馬場島=立山12:00=室堂14:00-一ノ越(御山谷)15:00-黒部湖周遊道路出合16:10-16:50ロッジくろよん(山小屋泊)

2日目 5/5 快晴
ロッジくろよん8:00-8:20黒部ダム=室堂9:40-権右エ門沢上部(立山川)11:40-12:00三又12:50-13:50取水口14:30-馬場島15:00

※このコースは、谷下流のスノーブリッジが割れていることもあり、又、雪崩(立山川は特にブロック雪崩注意)と落石の危険もあるため、ビーコン、スコップ、プローブ等の装備や、事前の情報収集と十分な経験が必要です。

 

<前日 5/3>

日本オートルート下山地の新穂高温泉から車の回送のため、食事をしたあと立山に皆で戻る。五日ぶりの下界の食事は旨かった。肉を食べて満足し立山に着いたのは、深夜0時前ぐらいだった。

帰路組みを見送り、GW2段目のツアーのために、2台で馬場島に回送に向かう。到着は2時前ぐらいだっただろうか。ビールを飲んで倒れるように寝る。

<1日目 5/4>

就寝が遅く、長いツアーの疲れもあるためか、朝はのんびりしか起きれなかった。今日は快晴だ。出発前に富山県警山岳警備派出所で立山川の状況を聞く。毛勝谷出合と取水口の上で2箇所沢がでているとのこと。昨日も何パーティーか降りてきたらしい。装備は万端なので問題はなさそうだ。
一台車をデポし、馬場島出発は9時前になっていた。
DSC00869.JPG
大谷ウォーク
10時過ぎに立山到着。
今日の行程は短いのでのんびり準備をしていると、はつらつとした警備員のおじいちゃんより、ケーブルカーの時間待が長いから先にチケット買った方がいいよとのアドバイス。早速行くと、すごい行列でなんとか12時発のチケットを入手できた。入手できなかった観光客は時間がないため、皆登るのを諦めていたようだ。 おじいちゃんありがとう。

スタートが非常に遅くなってしまったが、時間を計算すると、17時にはロッジくろよんに着く行程なので問題はなさそうだ。

GW2回目のアルペンルートで室堂に着く。快晴ということもあり大谷ウォークは大盛況だ。室堂周辺も観光客が多い。こんな遅くからスタートする登山・山スキー客は他にいない。

室堂14時着。登山届けを出してすぐに出発。
DSC00870.JPG
室堂

DSC00874.JPG

一ノ越山荘 なぜかGW3回目の訪問になる

DSCN1431.JPG
室堂方面を振り返ると
左奥に大日岳、その右側鞍部が室堂乗越
DSC00880.JPG
 
一ノ越には予定通り15時に着く。
快晴のためとにかく気持ちいい。
室堂を振り返ると、明日ドロップインする室堂乗越が見える。

時間がないので早速、御山谷を滑る。
ここもこのGW3回目になる。
ザラメ雪で一番条件がよい。
いい傾斜がずっと続く広大な谷の大斜面を、飛ばす。

気持ちよい。
なんといっても6泊分の食料がないので、非常に快適。
DSCN1447.JPG
 
DSC00891.JPG
 
ひたすら下る。
遅い時間なので下る人は他におらず。

途中、一人登り返してくる人がいただけだ。
この広い谷をほぼ独占状態。

DSC00898.JPG


いい斜面が非常に長く続く御山谷

左奥から獅子岳、鬼岳、竜王岳 既にかなつかしい

DSC00900.JPG
 
高度1800mあたりから右岸側をトラバース。
雪が重くなり滑らなくなってくる。

今年は雪が多いようだ。
谷の下流側はこの時期雪が切れていることが多いが下までずっと滑れる。下流では大きなデブリ跡の上を滑る。どうやら、大きな雪崩があり沢を埋めてたため雪が沢山残っているみたいだ。
DSC00901.JPG
下流を見れば針ノ木岳が見える
DSC00904.JPG
ここまで滑れた
もう黒部湖が見える すぐに登山道に
DSCN1455.JPG 登山道に合流地点でザックに板を付け、登山道をせっせと歩く。
あっという間にロッジくろよん到着。

ここは風呂付。最高である。
自炊してビールを飲んで早々に就寝。
<2日目 5/5>
ゆっくり起床。
今日も登りは少ししかなく、体力的には下りばかりの楽勝コース。
ロッジくろよんを8時に出て、黒部湖畔を歩き黒部ダムに着く。地下ケーブル、ロープウェイ、トロリーバス、を乗り継ぎ、再び室堂へ。
アルペンルートのおかげで一気に高度を稼ぐことができる。ありがたいが、環境破壊にならないよう自然とのバランスが大切だ。

少々観光モードで、山の中では食べれないアイスなどを食べてから出発。
DSC00905.JPG
 
DSC00914.JPG
立山ロープウェー 後ろはタンボ平、雄山
DSC00910.JPG
デザートを食べてから
室堂から雷鳥沢経由で新室堂乗越の方を目指す。
軽く滑って登る。
DSC00914.JPG
ミクリガ池では雷鳥も
DSCN1480.JPG
滑り出しポイントから権右エ門沢
新室堂乗越より一つ東側の権右エ門沢上部より滑り出し。
素晴らしい斜面が広がる。

本日はこの後、高度2500mから800m程度まで下るのみ。
非常に気持ちよい。
DSCN1482.JPG
 
DSC00933.JPG
 
DSCN1490.JPG
 
DSC00941.JPG
 
DSC00943.JPG
 
大斜面の真ん中の安全地帯で昼食をとり更に下る。
谷は広いが左右は切り立った斜面で最上部には発達した雪庇もみえる。ブロック雪崩等に要注意だ。

毛勝谷出合から東をみると青空の中に剣岳が見える。
DSCN1505.JPG
 
毛勝谷出合から取水工までが一番の危険地帯。
ゴルジュ帯であり、落石、スノーブリッジの崩壊・転落などに要注意だ。
DSCN1506.JPG
 
DSCN1508.JPG
 
DSCN1516.JPG
スノーブリッジに大きくクラックが入っている
その上をジャンプして越える
DSCN1518.JPG
DSC00956.JPG 取水口までくれば安全だ。

あまりにも天気が良いので、ここでお昼寝タイム。
林道に合流し雪があるところまで滑る。

思ったよりも雪があり林道歩きも30分程度で終了して馬場島到着。2日で高度差3000m程滑走できて大満足であった。
DSCN1524.JPG