※BC(バックカントリー)で遊ぶには十分な装備、知識、経験が必要です。安全に注意し、レベルに合ったフィールドで楽しみましょう。

2016年の記録


2016年9月16日

白山北方の境川・ボージョ谷は、登山大系中で「渓谷中の渓谷ともいえる絶品」「エキスパートにとっては不足のない非常に楽しめる沢」とまで書かれて絶賛されている名渓だが、記録は非常に少ない谷だ。道の全くない仙人窟岳の藪支尾根に突き上げ、登った後の厄介さから敬遠されているのか。今回、下降は加須良谷を下ることにした1泊2日のプランでトライ。実際、滝また滝の連続で、そのほとんどがきわどく登れて、登りごたえ十分。そして随所にみられる日本離れした大岩壁も見事。素晴らしく楽しめる谷だった。

2016年8月11日

8/11「山の日」はやはり山で過ごしたいが、 関西はうだるような暑さ。沢に飛び込みアイシングをしながらの低山トレイルランニングは、この時期特有の楽しみ方ではあるが、やはり涼しく快適な環境でトレイルランニングを楽しみたいとなると、2,000m以上の山域がターゲットとなる。ならばやはり涼しい北アルプスを目指そう。・・・バタバタとして山行ではあったが、快晴の北アルプスを衣食住を担いでのソロトレイルランニングを楽しんできた。

2016年8月11日

今年は例年にないほど雪渓が消えるのが速く、水量が少ないことが期待された。水の少ない9月が適期とは思うが、水の温さも考えたら、今年の8月はチャンスではないか。そう考えて、3度目の正直で、再び五十沢に向かうことになった。

2016年8月8日

登れない山ではあるが、全国的にその雄姿を知られる鹿児島の桜島が今回のフィールド。標高1117mの活火山「桜島」が浮かぶ錦江湾はカルデラのドン深の海で、多彩な魚類や多くのイルカたちが棲むことで知られ、全国から釣り人やカヤッカーが集まる。今回は夏の恒例となっている桜島でのSUPフィッシングを楽しんできた。

2016年8月8日

サッシビチャリ沢川から1839峰へのアプローチは、本来、日高側の神威山荘から1回の尾根越えで行くところだが、前週の大雨で林道が崩れ神威山荘までの長い道が閉ざされてしまった。したがって、反対の十勝側の札内ヒュッテから尾根越え2回でサッシビチャリ川へ行くことにしたが、ただの尾根越えを2回はつまらないので、1599峰南東面直登沢のスラブ登りから1839峰南面直登沢へ継続し、帰りは長い夏道を使って札内ヒュッテまで戻ってきた。

2016年8月7日

「せっかくの夏休みだから、がっつり歩こう!」ということで、南アルプスの縦走を計画しました。
南アルプスのどこを行こうかと地図を見ると、鳥倉登山口を起点に荒川・蝙蝠・塩見が回れることを発見。
標高差激しく、ロングコースになりますが、とても面白そう。実際行ってみると、南アルプスらしい雄大な山容が楽しめるルートでした。

2016年8月6日

キャンピングカーに山道具、釣り道具、沢道具、ラン道具、MTBなどを積んで、一路東北へ!
釣り用の毛バリを忘れて入渓日を1日ずらしたり、沢中にステキなビバークポイントがあれば予備日を費やしたり、
その日の計画も気分次第のひとり気ままぶらり旅。

2016年7月18日

海の日の祝日、初心者も一緒にのんびりと沢へ涼みに行こうと、備後川大谷の下流部のみ楽しんできた。

2016年7月9日

小屋がオープンしてハイシーズンを迎える前の週末を狙って北アルプス後立山エリアの白馬三山を登ってきた。初日は雨に打たれ続けるも温泉で癒され、二日目は快晴の中、お花畑と北アルプスの大パノラマを楽しみながら稜線歩きを満喫してきた。

2016年6月22日

今シーズンの沢はじめで、台高・黒瀬谷をチョイス。
なかなかの歯ごたえのあるゴルジュを日帰りで楽しめる沢と聞いていたが、内容は予想以上。目を見張るような渓相の美しさなどはないが、小さな谷にもかかわらず、登り応えは大峰・台高エリアでも屈指のゴルジュであった。

2016年6月18日

当初奥日高の源流釣りを計画していたが、日高地方は記録的な豪雨に見舞われ転身を余儀なくされた。
道内の沢に明るくないため道民にどこか良い沢を知らないかと尋ねたところ、「場所は内緒だぞ」と、地図を広げとっておきの隠し渓を教えていただいた。
そこは道内屈指の濃密なヒグマの生息地ではあったが、本州の人間にとって信じ難いイワナの楽園であった。

2016年5月21日

今回の剱岳は新田次郎の「剣岳(点の記)」で知られ、明治40年に陸地測量部の柴崎芳太郎一行を剱岳頂上へ導いた雪渓「長次郎谷」に登路を求めるルート。残雪期の好天を狙ってスキーでつなぐプランは天気に恵まれず、実は3年越し。雪不足に泣いた今期のBCカントリーの鬱憤を晴らすべく、チャンス到来とばかりに大好きな剱岳にスキーと登攀ギアを持って出かけてきた。

2016年5月3日

2016年ゴールデンウィーク、東北エリアをマルチアクティビティで遊びつくすプランを計画。 今回、同行するメンバーで選択したアクティビティは、バックカントリースキー、フィッシング、トレイルランニングの3種類。 不安定な天候に翻弄させながらも、残雪期のバックカントリースキーをメインとしつつ、サクラマス釣り、トレイルランニングを取り入れ 非常に充実した4日間を過ごすことができた。

2016年5月3日

クライミングとスキーを組み合わせて、複数日で継続する山行をしてみたい。 と、目をつけていたのが魅力的な雪稜とスキールートを無理なくつなぐことができるGWの白馬三山エリア。
しかし、ふたを開けてみると予定していた5月3日~5日の天気予報が芳しくない。とはいえ、地図と天気予報をにらみながら荒天をうまくやり過ごせる算段はできたので、白馬主稜と白馬鑓ヶ岳のクライミングをスキーでつなぐ計画で、入山した。

2016年5月2日

トレイルランニングやハイキング人気が高まる香港で、今回は全長100キロのトレイルコースであるマクレホーストレイル(ステージ2)を経由し、槍ヶ岳の雰囲気を醸し出すシャープピーク山頂を目指した。

2016年5月2日

奈良県と和歌山県にまたがる修験道の修行場として開かれた道であり、世界文化遺産にも指定された大峰奥駈道。今回は奈良県の吉野から、和歌山県の熊野本宮大社まで4泊5日で抜けてみようと計画。
ルートの総距離は諸説ありますが、登り下りの累積標高も含めると、およそ120~130kmくらいではないかと思われます。

2016年4月30日

全長600キロを超える「ポルトガルの道」。今回の行程は、ポルトからポルトガルとスペイン国境の街ヴァレンサ―トゥイまで。公式の距離では約130キロ。ただし、道迷いを含んだ私のiPhoneの計測では5日間で160キロをひたすら歩いてきました。「600キロ。全行程を歩きたいなぁ」と思ったけれど、それは、またいつかにとっておこう。

2016年4月30日

ゴールデンウィークを利用して関東屈指の急流である群馬県みなかみ町を流れる利根川に行ってきた。

2016年4月30日

前回、四万十川を訪れたのは一昨年の盆休み。折しも歴史的最高気温41度をマークし、水温も30度超えで渇水というバッドコンディションで、半日のツーリングで撤退を余儀なくされたのを教訓に、万全を期して再訪。前回は果たせなかったロングツーリングを含め、上流のホワイトウォーターセクションも漕破。残りの日程で、四国の他の川を漕ぎまわる。途中の大雨でプランを変更せざるを得なかったが、おかげでベストコンディションでダウンリバーできた。

2016年4月23日

4/23:笹ヶ峰登山口 ⇒ 富士見平 ⇒ 黒沢岳 ⇒ 高谷池ヒュッテ(小屋泊)
4/24:高谷池ヒュッテ ⇒ 火打山 ⇒ 高谷池、富士見平を経て往路を戻る残雪期BCツアーを計画し、妙高エリアの火打山滑降を満喫してきた。

2016年4月9日

残雪期の好天を狙って南アルプスエリアの登山を満喫してきた。白峰三山、富士山、甲斐駒ケ岳などの大パノラマを楽しみながら、地蔵岳を目指すコースにするために夜叉神峠起点とした。

2016年4月1日

知床は海から山まで切れ目なくつながる手付かずの自然に恵まれ、荒々しさと優しさを併せ持った変化に富んだ地形があり、あらゆる場所で生き物の気配が濃い、大好きなアウトドアフィールドだ。…距離は45km程度。室堂から新穂高に抜けるオートルートと同じくらいのスケールだ。
4日の休みを取り、4日+予備日1日の5日間のプランでトライすることにした。

2016年3月21日

広大な流域面積の多くの支流から水を集めて、播磨灘に至る加古川は、兵庫県最大の河川である。その加古川本流中流域が今回のコース。

2016年2月15日

けいさんが引き合わせてくれたこの氷瀑、今年やらなくては、きっと未登のまま終わってしまうだろう。それはすごい心残りになる気がした。そうして、残ったメンバー全員で行くことはできなかったけど、けいさんの一番のパートナーだった和田淳二さんと、プロジェクト完遂のため、再び知床に向かうことになった。

2016年1月9日

今冬はテレマークスキーをがっつり練習しようと考え、シーズン券まで購入したのにあいにくの雪不足で近場のゲレンデは軒並みオープン見送り。それなら、ひさびさにのんびりとソロ雪山テント泊をしたい!と考え、人が多く安心安全の北八ヶ岳の縦走を計画。

2016年1月9日

中央アルプス・宝剣岳周辺はロープウェイを使って短いアプローチで3000m級のスケールのある冬季クライミングが楽しめるエリア。西面・極楽尾根は西面最長のルートで、花崗岩のクライミングに、雪稜にナイフリッジと、変化に富んだルートだ。今回、敢えてロープウェイは使わず、西面上松尾根経由でトライ。