※BC(バックカントリー)で遊ぶには十分な装備、知識、経験が必要です。安全に注意し、レベルに合ったフィールドで楽しみましょう。

2005年の記録


2005年12月25日

豪雪の3連休の最終日は晴天予報。普段の積雪では行けない記録のない氷ノ山の新ルートを快晴の中滑ってきた。

2005年12月17日

初心者もいるのでシーズン早めから山に入れて簡単な乗鞍に行くことに。ゲストも迎えテントで忘年会です。
大寒波でパウダーをこんな早くから堪能できました。

2005年12月2日

日本テレマーク協会(TAJ)のゼネラルスタッフミーティングにバックカントリー部・普及部の理事・委員として参加してきました。

2005年11月23日

シーズン最初の山はやはり立山。今回は、友人のビックマウンテンテレマーカー松島譲氏も同行。
天気が不安定で毎日雪が降り視界が利かないことも多く、遠征できませんでしたが、快適なイグルーをベースに積もりたてのパウダーを安全を確認しながら堪能しました。イグルーでの焼肉宴会は最高です。

2005年11月5日

今シーズン初滑りです。月末の立山に向けて綺麗な紅葉の中で足を慣らしをしました。鷲ヶ岳スキー場はこの早いタイミングで1.5kmも滑れ満足です。

2005年11月3日

冬シーズン前に下半身を鍛えようと、綺麗な紅葉の中、MTBで蘇武岳に登り、奥神鍋スキー場を気持ちよく下ってきました。

2005年10月8日

新商品準備と展示会の忙しい合間の3連休を利用して、水と景色とゴルジュの綺麗な那珂川に行ってきました。

2005年9月10日

川で出会った仲間とレスキューの練習会を参加者30名で行いました。レスキューについて練習したり、自分たちが経験した事故を検証したりして今後のリバーライフを安全に楽しむ為の練習会で毎年1回のペースで行っています。

2005年9月3日

友人と昨年より構想していたT峠MTBツアーに行ってきました。緑いっぱいの大自然の中のシングルトラックを楽しみました。翌日は瀬戸市近郊の山で土砂降りの雨の中シングルトラックを楽しみました。

2005年9月3日

備後川は、池原ダムの東奥にある北山川支流である。入渓から二股までの泳げる淵と、左俣の連瀑帯と程よいグレード。水は底まで見える程綺麗であるが林道までの藪漕は濃くイバラと杉に苦しめられ大変であった。

2005年8月27日

今年の西日本は水不足。そんな中で櫛田川の支流蓮ダムは8tの放水をしており、綺麗な川を下ってきました。

2005年8月12日

夏期休暇を使い、渇水だと言われているにもかかわらず、正月に行って以来の四国吉野川へ行ってきました。

2005年8月6日

蒸し暑い夏が続くので、とにかく避暑に鈴鹿で泳ぎまくれるコースをたどりました。全て本流をシャワークライム&飛び込みで全身水だらけで最高の避暑ができました。

2005年7月30日

finetrackと似たスタイルで、泳ぐ沢登りを実践している販売店のアシーズブリッジ様の沢ツアーに一緒に行ってきました。ベテランのスタッフがリードして安心した沢登りを楽しめます。

2005年7月24日

大峰主峰の一つ、釈迦ヶ岳の北西の流域の水を集めて十津川へと流れる支流、旭ノ川本流にいってきました。ショートコースとなったが、避暑には最適の楽しめる沢である。

2005年7月23日

観光筏下りをしている紀伊半島の北山川へ行ってきました。渓谷美の綺麗な北山川と瀬を楽しんできました。

2005年7月16日

日本百名谷の一つとして有名な、紀伊半島南部に位置する、黒蔵谷に沢中1泊2日で行ってきました。天候に恵まれ、長く続くゴルジュの藍い綺麗な淵を魚と共に泳いで、まるで別世界を堪能してきました。

2005年7月7日

第13回奄美大島シーカヤックマラソンの協賛メーカーとしてfinetrackの3名は、販促・商品開発テスト・撮影を兼ねて鹿児島の最南部にある奄美大島へ行ってきました。途中の桜島シーカヤックでは沢山のイルカが歓迎してくれました。シーカヤックマラソンは盛り上がり、その後の無人島ツアーでは、大漁のネバリと巨大なアバスを仕留める楽しいツアーとなりました。もちろん、奄美大島のいい波をサーフカヤックとサーフィンでも堪能しました。

2005年7月4日

第13回奄美大島シーカヤックマラソンの協賛メーカーとしてfinetrackの3名は、販促・商品開発テスト・撮影を兼ねて鹿児島の最南部にある奄美大島へ行ってきました。途中の桜島シーカヤックでは沢山のイルカが歓迎してくれました。シーカヤックマラソンは盛り上がり、その後の無人島ツアーでは、大漁のネバリと巨大なアバスを仕留める楽しいツアーとなりました。もちろん、奄美大島のいい波をサーフカヤックとサーフィンでも堪能しました。

2005年7月2日

第13回奄美大島シーカヤックマラソンの協賛メーカーとしてfinetrackの3名は、販促・商品開発テスト・撮影を兼ねて鹿児島の最南部にある奄美大島へ行ってきました。途中の桜島シーカヤックでは沢山のイルカが歓迎してくれました。シーカヤックマラソンは盛り上がり、その後の無人島ツアーでは、大漁のネバリと巨大なアバスを仕留める楽しいツアーとなりました。もちろん、奄美大島のいい波をサーフカヤックとサーフィンでも堪能しました。

2005年7月1日

第13回奄美大島シーカヤックマラソンの協賛メーカーとしてfinetrackの3名は、販促・商品開発テスト・撮影を兼ねて鹿児島の最南部にある奄美大島へ行ってきました。途中の桜島シーカヤックでは沢山のイルカが歓迎してくれました。シーカヤックマラソンは盛り上がり、その後の無人島ツアーでは、大漁のネバリと巨大なアバスを仕留める楽しいツアーとなりました。もちろん、奄美大島のいい波をサーフカヤックとサーフィンでも堪能しました。

2005年6月19日

近場の六甲山にも面白い沢登りがあると、芦屋川に行ってきました。意外にもこんな街の近くに深いゴルジュと岩場があり、泳ぎとクライミングを堪能してきました。

2005年6月18日

上部を冬に滑走した八木川源流・左俣と右俣にある布滝に沢登りに行ってきました。雨不足の影響もあり水が非常に少なかったが、全て巻かずに本流沿いを登り、クライミング要素の強い沢登となりました。

2005年6月9日

finetrackと似たスタイルで、泳ぐ沢登りを実践してるアシーズブリッジ様と、昨年行って良かった神崎川に行ってきました。発達したゴルジュと綺麗な藍い淵を、皆がつがつ泳いで飛び込んできました。

2005年6月7日

週末四国でのイベントを終え、帰り道に友人より悪のお誘いが、「六甲山MTB行っちゃう?」。
というわけで、いい汗かいてきました。

2005年6月5日

瀬戸内ミーティング翌日、朝一で移動し祖谷川源流の綺麗な沢に行ってきました。簡単なショートコースとなりましたが、新緑の中、四国剣山の山深い沢と綺麗な水を楽しんできました。

2005年6月4日

瀬戸内シーカヤックミーティングに、協賛メーカーとして手伝いに行ってきました。イベントは60名以上の参加者が集まり、ツアー、即売会、オークション、リペア教室、クラフト教室など盛りだくさんの内容でした。

2005年5月29日

商品撮影もあるため、アプローチ時間が短い鈴鹿エリアの短い沢を選びました。ショートコースの割りに、ゴルジュ、淵、泳ぎ、楽しませてくれる滝・岩があり、づっと良い天気が続く暑い中、手軽な避暑となりました。

2005年5月28日

蒲田川にまだ雪解け水が残っているとの情報をキャッチし、「それでは」と行ってきました。土曜日はゴールデンウイークに下った双六川をさらに奥まで下見しようと、調査沢登りを行い、29日日曜日はやはり漕がずには居られず蒲田川を下ってきました。

2005年5月4日

日本オートルートの予備日を利用し、効率的に滑走距離を稼げる御山谷と立山川に行ってきた。天気にも恵まれ、荷物も軽く、2日で標高差3000mを滑走し、快適な谷間の大斜面を堪能できた。

2005年5月2日

駆け足の日本オートルートとなってしまったが、スゴノ頭あたりの黒部一番の山深さと、黒部源流の素晴らしい白い景色・滑走が出来充実したものとなった。もちろんfinetack製品の性能を十二分に実証でき、また、これからの新商品開発に得るものも大きかった。

2005年4月29日

一緒に焼山ツアーに行った「ひょうご山蹊記」著者川崎航洋氏からの誘いもあり、以前からの念願であった日本オートルートを縦走してきた。人数・嗜好等の状況もあり、川崎氏を含めた2名と、我々5名の2パーティーで協力しながらの縦走となった。

2005年4月29日

いよいよ待ちに待った雪解け遠征。4月29日~5月7日までGWパドルトリップに行ってきました。双六川、跡津川、草津温泉ツアー、利根川(紅葉峡~諏訪峡)、片品川、宝川、照葉峡、北陸美味ツアーと同時に新商品開発テスト共々満喫しました。

2005年4月25日

週末のカヌーはじめて祭りを終え、明けて25日身も心もリフレッシュすべくカヌー関係営業マン2名と吉野川支流上谷へ今年初の沢登りに行ってきました。天候に恵まれ気持ちよくマイナスイオンを浴びてきました。

2005年3月26日

金山が30年以上前から気になっていた念願の滑走ラインを下ってきた。氷ノ山北斜面を滑り、八木川源流左股を下り、氷ノ越への登山道から途中で赤倉山頂を直登し赤倉山の素晴しい大斜面を滑って氷ノ越から若桜氷ノ山スキー場に戻る、この山域にあっては珍しくハードなスキーが楽しめるコースとなった。

2005年3月19日

昨年行った火打雪洞ツアーの際に非常に感動した焼山北斜面を是非滑りたいと、2泊3日の縦走コースを計画。3日間天気に恵まれ、黒沢岳と焼山北斜面の新雪を爽快に滑り、また、火打の奥深い山を感じれる充実した縦走ツアーとなりました。

2005年3月5日

日本テレマークスキー協会主催のバックカントリーテレマークフェスティバルに協賛メーカーとして参加してきました。今年で5回目であり、多数のメーカー協賛と数少ないテレマーク試乗会ということもあり、大勢の方が参加されました。

2005年2月27日

地元兵庫・鳥取にまたがる氷ノ山に行ってきました。当初は、氷ノ山から戸倉峠に抜ける予定でしたが、大雪のため変更しローカルな新ルートを地図を確認しながら下ってきました。

2005年2月26日

荒島岳は百名山の1つでもあり、関西から近場で良いところはないかと狙っていた山です。荒島岳山頂はあいにくのガスのため、登頂後引き返しましたが、代わりに小荒島岳からの良いパウダーを堪能しました。

2005年2月11日

カナダの友人を迎えツアーにいってきました。大雪のため当初予定の小屋泊まりを変更し、代わりに日帰りで赤倉山と前山からの良い斜面を堪能してきました。

2005年2月5日

今年で3回目になる妙高村主催のイベントは、テレマーカー・スノーボーダー合わせて50名を超える参加がありました。豪華講師陣を向かえ、豪雪のなか関温泉スキー場のオフピステ・パウダーを存分に楽しみました。finetrackも協賛として盛り上げるお手伝いをしてきました。

2005年1月29日

G-outfitter + OBT コラボレーション 八ヶ岳スノーシューツアーに行ってきました。荒れ模様の予報に反し、晴天の中雪原を走りまわり、思わず仕事を忘れてしまいました。

2005年1月29日

今シーズン初の妙高です。荒れ予報の日曜日の前に定番の三田原山ツアーに行ってきました。北アルプスまで見える快晴の中気持ちよく登りました。

2005年1月15日

日本テレマークスキー協会主催の講習会にfinetrack3名も講師・スタッフとしてお手伝いをしてきました。67名という多数の方に参加頂きました。皆熱心に講習を受け上達し、また、テレマーク仲間の輪を広げたようです。

2005年1月9日

東北から信州に移動。大雪の戸狩スキー場でパウダーを堪能し、翌日は快晴の景色も良い中、木島平スキー場から高社山(高井富士)に登り、北側斜面の森の中の新雪を堪能してきました。

2005年1月6日

新商品開発テストと販売店回りも兼ねて東北へ。八幡平パウダーガイドの庄司さんの案内で、まだ積雪は少なかったにもかかわらず、初日は茶臼岳ツアー、二日目は恵比寿沢への裏ルートで新雪を堪能できました。

2005年1月6日

新商品開発テストと販売店回りも兼ねて東北へ。八幡平パウダーガイドの庄司さんの案内で、まだ積雪は少なかったにもかかわらず、初日は茶臼岳ツアー、二日目は恵比寿沢への裏ルートで新雪を堪能できました。

2005年1月4日

仙台近郊の仲間たちと、栗駒山ツアーへ。足慣らしを兼ねていけるところまでとしましたが、イワカガミ平から20分もしないうちに低気圧の通過の悪天で撤退しました。

2005年1月2日

恒例の年越し後生掛温泉湯治ツアーです。大雪の中、晴れ間を縫って焼山・国見台ツアー、秋田八幡平廃コースのパウダーを滑りました。いい湯治温泉と新雪の正月でした。

2005年1月2日

恒例の年越し後生掛温泉湯治ツアーです。大雪の中、晴れ間を縫って焼山・国見台ツアー、秋田八幡平廃コースのパウダーを滑りました。いい湯治温泉と新雪の正月でした。